J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 副甲状腺機能亢進症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_313.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_313.html on line 43

副甲状腺機能亢進症

副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺ホルモンの過剰分泌で、血中カルシウムの濃度が高くなるものである。

【原因 Cause】
副甲状腺にがんや腺腫ができることで、副甲状腺の活動が活発になるために起こる。重症になると、生命にかかわる。

【症状 Symptoms】
・頻尿
・喉の渇き
・筋力低下
・食欲不振
・吐き気
・便秘
・集中力低下
・意識障害
・尿路結石
・骨粗しょう症

【治療 Treatment】
対症療法を行う。



腎性貧血はエリスロポエチン投与で改善することが多いが、エリスロポエチンの反応性が低下した場合は以下のようなことが考えられる。

慢性疾患(感染症、悪性腫瘍)の貧血
鉄欠乏性貧血
副甲状腺機能亢進症
アルミニウム中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』