J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 低カリウム血症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_309.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_309.html on line 43

低カリウム血症

低カリウム血症は、血中のカリウム濃度が低下するものである。

【原因 Cause】
原因は、腎臓のカリウム排泄量の増加によるものが多い。他に、カリウム摂取量の減少や、利尿剤使用、腎臓病、悪性高血圧、慢性腎炎等でも起きる。

【症状 Symptoms】
・筋力低下
・手足の麻痺
・頻尿

悪化すると生命の危険がある。

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をし、塩化カリウム等を補給する。



代表疾患
原発性アルドステロン症
鉱質コルチコイドの異常な分泌によって、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。
腎血管性高血圧
腎臓の血管に障害が起こって腎血流が低下し、これを体全体の血圧の低下と勘違いした腎臓が血圧を上げるホルモン : レニンを分泌して、鉱質コルチコイドが駆動されて、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。
クッシング症候群
糖質コルチコイドの鉱質コルチコイド作用によって、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。
バーター症候群
腎臓でのNa+-K+-2Cl-共輸送体の機能不全によってカリウム排泄が亢進する。
ギテルマン症候群
腎臓の遠位尿細管におけるサイアザイド感受性NaCl共輸送体の遺伝子異常による。
リドル症候群
腎臓でのアミロライド感受性ナトリウムチャンネルの抑制不全によってカリウム排泄が亢進する。
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
抗利尿ホルモンの異常な分泌によってカリウムに比べて相対的に水の排泄が弱まり、血清カリウム濃度が低下する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』