J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 糖尿病性神経障害


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_306.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_306.html on line 43

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害は、糖尿病の合併症のひとつで、インシュリン作用不足で、自律神経、末梢神経に障害が起きるものである。

【原因 Cause】
原因は不明である。

【症状 Symptoms】
・両足の先のしびれ、痛み
・発汗異常
・立ちくらみ
・がんこな下痢、便秘
・尿意を感じない
・インポテンツ
・痛覚麻痺

【治療 Treatment】
血糖を正常化する。向神経ビタミン、抗うつ剤を使用する。



比較的早期から出現し、小径の自律神経から感覚神経へと障害が進展する(ICD-10:E10.4、E11.4、等)。細胞毒としての 多発神経障害のほか、栄養血管の閉塞から多発単神経障害の形も同時に取る。自律神経障害としては胃腸障害(便秘/下痢)、発汗障害、 起立性低血圧、インポテンツ等。感覚神経障害としては末梢のしびれ、神経痛等である。多発単神経障害としては、一時的な黒内障もみられる。不思議なことに、末梢神経障害は糖尿病にかかっている時間の長さとは相関しない。自律神経障害は、相関する。胃腸障害は、現時点での血糖値に影響されるため、やはり相関しない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』