J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 尿萌症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_296.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_296.html on line 43

尿萌症

尿萌症は、抗利尿ホルモン分泌の不足で、腎臓の水分が尿として大量に出てしまうものである。

【原因 Cause】
脳腫瘍、頭部外傷等を原因とする続発性と、原因不明の原発性がある。

【症状 Symptoms】
・突然尿の回数が増加する
・喉の渇き
・皮膚、粘膜の乾燥
・倦怠感
・食欲不振

【治療 Treatment】
鼻から抗利尿ホルモン剤の酢酸デスモプレシンを吸入する。



成長するにつれ、眠りのリズムは変わります。新生児期では、眠りのパターンは多相性睡眠で、このとき昼夜の別なく、一日中尿がつくられます。睡眠のパターンは、6ヵ月で三相性となり、1歳で二相性睡眠(1回の昼寝)、幼児期後半から小学校へ入学するころには、大人型の単相性睡眠(夜間に集中して眠るパターン)になります。このころには、日中に尿がたくさんつくられ、よくおしっこをして、夜間は尿量が減りおねしょをしなくなります。また、ぐっすり眠ると抗利尿ホルモンがよく出るとされています。