J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 微量金属欠乏症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_295.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_295.html on line 43

微量金属欠乏症

微量金属欠乏症は、身体の必須微量金属が欠乏するものである。

【原因 Cause】
身体に欠かせない必須微量金属である、鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素等が欠乏して起こる。

【症状 Symptoms】
・脳障害
・貧血
・甲状腺機能低下
・狭心症

金属の種類により症状は異なる。

【治療 Treatment】
欠乏した金属と症状により異なる。



生体では鉄の次に多い必須微量元素で、体重70kgのヒトに平均2.3g含まれる。100種類を超える酵素の活性に関与し、主に酵素の構造形成および維持に必須である。それらの酵素の生理的役割は、免疫機構の補助、創傷治癒、精子形成、味覚感知、胎発生、小児の成長など多岐にわたる。炭酸脱水酵素が最も重要だろう。その他、加水分解酵素の活性に関わり、DNAやRNAのリン酸エステルを加水分解によって切断するので細胞分裂に大きく関わる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』