J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > ビタミン欠乏症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_294.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_294.html on line 43

ビタミン欠乏症

ビタミン欠乏症は、身体機能の潤滑油となるビタミンが欠乏するものである。

【原因 Cause】
野菜不足や脂肪過多等、偏った食事や、アルコールの飲みすぎ等の他、抗生物質の長期投与、糖尿病、肝臓障害等が原因となる。ビタミンの摂取効率が下がることで起こる。

【症状 Symptoms】
ビタミンの種類によって異なる。

【治療 Treatment】
欠乏したビタミンを食事や製剤で摂取する。




ビタミン(Vitamin)は、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称である。ほとんどの場合、生体内で合成することができないので、主に食料(植物や微生物、肝臓や肉など)から摂取される。ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりする(→ビタミンの欠乏症)。ビタミンの所要量が定められており、欠乏症をおこさない必要量と、尿中排泄量の飽和値によって見積もられている。成人の場合、1日あたりの必要摂取量は mg ~ μg の単位で計る。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』