J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 高脂血症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_293.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_293.html on line 43

高脂血症

高脂血症は、血中のコレステロール、中性脂肪等の脂質が異常に増加するものである。合併症を起こしやすくなる。

【原因 Cause】
遺伝性・・・脂肪の吸収、合成、代謝に先天性異常があって起こる。
二次性・・・脂質過多の食事習慣、運動不足、タバコ、糖尿病、肝臓病等ホルモン関連の病気が原因となる。

【症状 Symptoms】
多くは無症状である。

コレステロール過多の進行・・・黄色腫(コレステロールの沈着)、角膜輪
中性脂肪過多・・・膵炎の合併で腹部激痛

長期放置により、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、膵炎、脂肪肝等の合併症を引き起こす。

【治療 Treatment】
原因となる疾患の治療をする。合併症防止のために、食生活や運動等、日常生活の習慣改善を行う。抗高脂血症剤、脂質代謝改善剤等を使うこともある。脂肪吸収を減少させる外科治療等をする場合もある。



高脂血症に由来する疾患
動脈硬化症:自覚症状はない場合が多いが、血管壁に徐々にコレステロールが蓄積され動脈硬化症が進行することで血液の流れが悪くなる。特に頭蓋内の血管がつまり、脳の一部が死滅する脳梗塞や、心臓の冠動脈の血管が詰まる虚血性心疾患になりやすい。
高血圧、糖尿病、肥満とともに死の四重奏と俗称され、現在はメタボリック症候群といわれる。
膵炎:膵臓の病気。大量飲酒者では高トリグリセリド血症をきたし易く、よく発症する。また、リポ蛋白の一種のカイロミクロンが著しく上昇するリポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症では、膵炎を来し易い。乳児で乳を呑んだあと腹痛を来すなどの場合、中鎖脂肪酸(MCT)を主体とした治療用ミルクを必要とする。妊娠中に発症した場合、血液浄化療法によるカイロミクロンの除去や中心静脈栄養による厳密な脂肪制限を必要とする場合もある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』