J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 糖尿病性昏睡


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_292.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_292.html on line 43

糖尿病性昏睡

糖尿病性昏睡は、インシュリン分泌量や作用の不足で、昏睡に陥るものである。

【原因 Cause】
原因はインシュリン注射をしない、ストレス、感染症の合併等である。これで血糖がエネルギーとならず、脱水状態になり、血液が酸性となって、昏睡に至り、生命の危険がある。

【症状 Symptoms】
・糖尿病の症状
・吐き気
・頭痛
・腹痛
・血圧が下がる
・昏睡

【治療 Treatment】
緊急にインシュリン投与をする。大量輸液を要する。



これは糖尿病の急性合併症であり、一時的に著しい高血糖になることによって昏睡状態となる。体調不良によって平常通りに服薬できなかった場合などに特に起こりやすく、機序によって分類される以下の二つが知られている。
糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)
インスリンの絶対的不足に伴い細胞内の糖が欠乏し、あわてて脂肪酸からエネルギーを取り出そうとすると副産物として生じるケトンが全身性の代謝性ケトアシドーシスを引き起こして発症する。意識障害、低体温、腹痛などが症状。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』