J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > アルドステロン症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_290.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_290.html on line 43

アルドステロン症

アルドステロン症は、副腎皮質ホルモンのひとつのアルドステロンが過剰分泌するものである。アルデステロンは、ナトリウム、カリウムの量を調整するものである。

【原因 Cause】
副腎皮質の過形成や副腎の腺腫、肝硬変、心不全等を原因とする。30~40代女性に多い。

【症状 Symptoms】
・高血圧
・多尿
・喉の渇き
・脱力感
・筋力低下
・麻痺

【治療 Treatment】
線種の摘出や薬物治療をする。



原発性
副腎皮質球状帯の腺腫。本来の分泌組織である副腎皮質の異常なので原発性アルドステロン症と言う。
続発性
他臓器の障害によって続発するので続発性アルドステロン症と言う。
肝臓 : 肝硬変 : 浮腫による循環血漿量の低下から腎血流量が低下するため
腎臓 : 腎血管性高血圧症、バーター症候群、ネフローゼ、ギッテルマン症候群 、等
偽性
一見本症の様に見えて実は違うので偽性アルドステロン症と言う。
リドル症候群
グリチルリチンの副作用(甘草に多く含まれる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』