J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 顆粒球減少症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_281.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_281.html on line 43

顆粒球減少症

顆粒球減少症は、白血球のひとつである顆粒球が急減し、感染症にかかりやすくなるものである。

【原因 Cause】
主な原因は、解熱消炎鎮痛剤、抗生物質等薬物の過剰反応である。

【症状 Symptoms】
・倦怠感
・高熱
・リンパ節の腫れ
・嘔吐、腹痛

肺炎、敗血症等の二次感染を起こすこともある。

【治療 Treatment】
原因となる薬剤の使用を止め、二次感染には抗生物質を使う。顆粒球コロニー刺激因子(GICSF)が効く。




顆粒球コロニー刺激因子(かりゅうきゅう-しげきいんし、granulocyte-colony stimulating factor)とは、サイトカインの一種で顆粒球産出の促進、好中球の機能を高める作用がある。英語の略号でG-CSFと表記することが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』