J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 伝染性単核症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_280.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_280.html on line 43

伝染性単核症

伝染性単核症は、感染症で、全身のリンパ節が腫れるものである。

【原因 Cause】
原因はEBウイルスである。キス等、経口感染が多い。成人の8割に免疫があり発症しない。

【症状 Symptoms】
・倦怠感
・食欲不振
・発熱
・筋肉痛
・悪寒
・リンパ節の腫れ
・肝臓、脾臓の腫れ
・全身発疹

【治療 Treatment】
対症療法を実施し、重症には副腎皮質ホルモン剤を使う。安静にすれば、1~2ヶ月で治癒する。



EBVによる伝染性単核球症に特異的な治療法はない。解熱鎮痛薬、肝保護剤などによる対症療法が中心となる。肝脾腫が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。
特に重症である例(発熱が長期に持続する、全身状態が著しく不良である、血球減少が見られ血球貪食症候群の合併が懸念される、など)では副腎皮質ステロイド投与やガンマグロブリン大量投与が行われることもある。
サイトメガロウイルスにはガンシクロビル(GCV)が有効である可能性があるが、骨髄抑制、腎障害など重篤な副作用があるため、伝染性単核症には通常用いられない。(GCVは造血幹細胞移植後など、免疫不全状態の患者の重篤なCMV感染症に適応がある)
抗菌薬は無効である。特に、アミノベンジルペニシリンをはじめとした合成ペニシリンは、発疹を誘発する可能性がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』