J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 赤血球増多症(多血症)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_275.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_275.html on line 43

赤血球増多症(多血症)

赤血球増多症(多血症)は、赤血球が過剰増加し、貧血と反対の状態になるものである。

【原因 Cause】
腫瘍発生等によるホルモン分泌増加や、骨髄の造血細胞の増殖によって赤血球が過剰になるが、原因は不明である。

【症状 Symptoms】
・顔の皮膚の赤み、かゆみ
・目の充血
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・脾臓の腫れ

心筋梗塞、脳出血、脳血栓等の合併症を起こすことがある。

【治療 Treatment】
血液の抜き取りや薬物療法、原因となる病気の治療をする。



皮膚や粘膜は充血し、冒頭に記したような神経症状・高血圧の見られることがある。赤血球数の増加を反映して、軽度の酸素欠乏でもチアノーゼがみられることがある。検査上、 赤血球数なら600万/μl以上、ヘモグロビン濃度なら18.0g/dl以上、ヘマトクリットなら54%以上が相当する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』