J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 鉄芽球性貧血


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_273.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_273.html on line 43

鉄芽球性貧血

鉄芽球性貧血は、ヘモグロビン生成障害や骨髄の造血障害による貧血のことである。

【原因 Cause】
ヘモグロビン生成障害は、腫瘍、鉛中毒、薬剤の副作用が原因となる。造血障害は、遺伝性である。

【症状 Symptoms】
・倦怠感
・息切れ
・食欲不振
・骨髄内に環状鉄芽球(血球)ができる

【治療 Treatment】
原因となる症状の治療や、薬物療法が行われる。



鉄を利用する過程に異常があるため、いくら鉄を摂取しても改善しない。むしろヘモジデローシスを助長させるため避けるべきである。同様の理由から輸血も最低限にとどめる。
アルコールなどの発症に関与するものの摂取を避け、ピリドキシンを投与する。ヘモジデローシスの治療にはデフェロキサミンを投与する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』