J-Medical 医学事典

トップページ > 脳神経外科 > 脳静脈洞血栓症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_270.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_270.html on line 43

脳静脈洞血栓症

脳静脈洞血栓症は、脳静脈洞に血栓ができ、頭蓋内圧力が高くなるものである。

【原因 Cause】
中耳炎や、頭部炎症等による血液の感染(脳静脈感染症)が原因となる場合と、原因不明の場合がある。

【症状 Symptoms】
・頭痛
・発熱
・吐き気
・嘔吐
・意識障害
・手足麻痺
・けいれん

【治療 Treatment】
血液抗凝固剤、抗生物質投与や、抗浮腫剤、手術を行う。



血栓(けっせん)とは、血管内の血液が何らかの原因で塊を形成することであり、主に血管壁が傷害されることにより起こる。

通常、血栓の役割は止血である。止血が完了し障害された部位が修復されると血栓は消える。これを線溶作用と言う。しかし、その線溶作用が働かずに血栓が肥厚し血管を塞ぐことにより、血栓が出来た下位の部位で虚血や梗塞が引き起こされる。それを血栓症という。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』