J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_263.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_263.html on line 43

ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎)

ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎)は、かぜや下痢の後で、手足のしびれや筋力低下が起きるものである。ギラン・バレーは学者の名である。

【原因 Cause】
原因は不明である。

【症状 Symptoms】
・手足のしびれ
・脱力
・筋力低下
・歩行困難
・顔面神経麻痺

【治療 Treatment】
免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進する。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をする。筋力低下等、後遺症が出る場合がある。



検査
診断は神経内科の医師が行う。

神経学的身体所見:対称性の筋力低下、深部腱反射の低下や消失
神経伝達速度:末梢神経伝導速度遅延
髄液検査:脳脊髄液中に蛋白が増加しているが、細胞の増加は認めない(蛋白細胞解離)
血液検査:血清中に抗ガングリオシド抗体を認めることがある

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』