J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > シャイ・ドレーガー症候群


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_260.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_260.html on line 43

シャイ・ドレーガー症候群

シャイ・ドレーガー症候群は、脊髄の自律神経中枢の一部等の変性により、自律神経失調の症状が出るものである。

【原因 Cause】
原因は、他に脳幹、小脳等の神経細胞の変性がある。中年以降の発症が多い。

【症状 Symptoms】
・立ちくらみ
・失神
・性機能障害
・失禁
・発汗の減少
・ひどいいびき
・運動失調
・筋硬直
・手のふるえ

【治療 Treatment】
昇圧剤、ドプス等の薬物が立ちくらみに使われる。足を包帯で巻くのも有効である。



概要
人口10万人対0.31人、厚生省特定疾患運動失調症調査研究班の全国調査では、146名がこの疾患と認められている。脊髄小脳変性症に占める割合は、6.8%とされている。主に40~60代の中高年者が発症し、男性が女性の3倍~5倍発症しやすいといわれている。全例が弧発性であり、遺伝する例の報告は現段階ではない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』