J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > ハンチントン舞踏病


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_258.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_258.html on line 43

ハンチントン舞踏病

ハンチントン舞踏病は、意志とは無関係に身体が踊るように動いてしまうもので、大脳の疾患である。

【原因 Cause】
遺伝性の疾患で、大脳基底核の変性と大脳皮質の神経細胞の障害が起こる。30代以降に多い。

【症状 Symptoms】
・上下肢の不随意運動
・性格の変化
・知能低下

【治療 Treatment】
根治の治療法はない。レセルピン等の薬剤で不随意運動の抑制をする。



ハンチントン病(はんちんとんびょう、英Huntington's disease)とは、大脳中心部にある線状体尾状核の神経細胞が変性・脱落することにより進行性の不規則運動(舞踏様運動、chorea (ギリシャ語で踊りの意))、認識力低下、情動障害等の症状が現れる常染色体優性遺伝病。日本では特定疾患に認定された指定難病である。

一般にハンチントン舞踏病(Huntington's chorea)として知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』