J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 脊髄空洞症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_256.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_256.html on line 43

脊髄空洞症

脊髄空洞症は、脊髄の中心部に空洞ができ、神経の切断により、神経症状が出るものである。

【原因 Cause】
胎児性の先天奇形で起こるものと、後天的に、外傷や腫瘍、脊髄の炎症を原因として起こるものがある。

【症状 Symptoms】
・触覚以外の知覚障害
・運動神経障害
・筋肉の萎縮
・舌の萎縮、顔の知覚麻痺、言語障害、嚥下難(延髄の空洞)

【治療 Treatment】
特効的な治療法はないが、症例により手術をする。



分類
キアリ奇形によるもの
癒着性くも膜炎によるもの
脊髄腫瘍によるもの
脊髄出血後のもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』