J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 頭痛


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_247.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_247.html on line 43

頭痛

頭痛は、頭部の血管、筋肉、脳膜等の組織が刺激を受けて痛みを感じるものである。

【原因 Cause】
原因は、頭蓋血管の拡張(血管性頭痛)、ストレス(緊張性頭痛)、脳卒中等の血管障害、腫瘍等頭蓋内疾患、歯髄炎、三叉神経痛等である。低血圧症、高血圧症、睡眠不足等でも起きる。慢性の多くが血管性と緊張性のものである。

【症状 Symptoms】
・頭皮、頭内の痛み

【治療 Treatment】
原因疾患の治療を行う。鎮痛剤、筋弛緩剤等を使う。



疫学
頭痛はありふれた症状で、外来初診患者の約10%が頭痛を主訴とする。
日本人の3~4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」である。そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が片頭痛、1万人が群発頭痛といわれる。クモ膜下出血・脳腫瘍による頭痛は、毎年3万人に発生する。

日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験する。

男性よりも女性のほうが頭痛の症状を訴えることが多く、筋緊張性頭痛の6割、片頭痛の8割が女性である。

女性が訴えることが多い頭痛の1つに生理時に伴うものがあるが、これは生理中に女性ホルモンのエストロゲンが血中から減少し、それがセロトニンに何等かの影響を与えて片頭痛を引き起こしやすくなるからではないかとも考えられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』