J-Medical 医学事典

トップページ > 脳神経外科 > 水頭症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_245.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_245.html on line 43

水頭症

水頭症は、脳髄膜液が吸収・流動障害により、頭蓋に多量にたまるものである。

【原因 Cause】
先天性水頭症・・・脳の先天性形成異常が原因である。
後天性水頭症・・・炎症、腫瘍等による中脳水道閉塞が原因である。(若年者水頭症)
           くも膜下出血後起こる。(正常圧水頭症)

【症状 Symptoms】
先天性・・・頭蓋骨拡張、まぶたが上がる、知能・運動の遅れ
後天性・・・頭囲大、頭痛、嘔吐、視力障害、痴呆、歩行障害、失禁

【治療 Treatment】
頭蓋内の脳髄膜液を心房、腹部に戻す手術をする。



水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により、脳室が正常より大きくなる病気である。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』