J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 精神遅滞


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_243.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_243.html on line 43

精神遅滞

精神遅滞は、10代で知能低下、性格異常が現われるものである。

【原因 Cause】
原因としては、染色体異常、先天性代謝異常・分泌異常、分娩時等の外傷、妊娠中の感染症、中毒等があげられる。原因不明の場合もある。

【症状 Symptoms】
・知能低下
・性格異常
・発育不全
・骨格、皮膚等の奇形
・運動障害
・てんかん

【治療 Treatment】
長期の薬物療法を行う。早めの治療で知能低下を予防できる。リハビリ、しつけも重要となる。



日本では1950年代から学校教育法では、精神薄弱という表現が50年近くそのままに放置されていたため、1994年頃から数年間メディア一般では、精神薄弱を「精神遅滞」という表現に一斉に変更して使用していた時期がある。2000年に法改正があって、「知的障害」に変わったため、精神遅滞は一般には使われなくなった。「精神」の所在が明示できないため、「精神遅滞」ではすべての資質、能力が遅れているのか、という印象を与えるためである。ただし、アメリカ合衆国などでは、こうした障害は「精神遅滞」と呼ばれているのが常で、この分野の国際学会も、「mental retardation」という表現を用いている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』