J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 結核性髄膜炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_239.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_239.html on line 43

結核性髄膜炎

結核性髄膜炎は、結核菌により髄膜が炎症を起こすものである。

【原因 Cause】
肺や腎臓、骨、リンパ節等の結核から結核菌が髄膜に入ることで起こる。子供や若年層に多く、結核菌感染後1年内に起こることが多い。知能低下等の後遺症があり、死亡率も高い。

【症状 Symptoms】
・食欲不振
・不機嫌
・興奮
・頭痛
・発熱
・嘔吐
・首の後ろの硬化
・体重減少

【治療 Treatment】
抗結核剤、ステロイド剤等を使用する。



検査所見
髄液は黄色くて、cell 100-500(単核球優位)、高蛋白、低グルコースを示す。細菌性髄膜炎と比べて明らかに弱い所見を示す。髄液の塗抹検査は通常陰性で、培養も最大25%の症例で陰性である。髄液PCRは感度が高い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』