J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 多発性硬化症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_225.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_225.html on line 43

多発性硬化症

多発性硬化症は、中枢神経の髄鞘が破壊され、知覚・運動障害が起こるものである。

【原因 Cause】
アレルギー、ウイルス、免疫反応異常が原因と言うが、はっきりしない。難病指定を受けている。

【症状 Symptoms】
・視力障害
・運動麻痺
・知覚障害
・腕のふるえ
・言語障害
・手足麻痺
・大小便失禁
・痴呆

【治療 Treatment】
ステロイド剤投与を行い、安静にする。再発しやすいので、注意を要する。



疫学
中枢性脱髄疾患の中では患者が最も多い。北米、北欧、オーストラリア南部では人口10万人当たり30~80人ほど罹患しているが、アジアやアフリカでは人口10万人当たり4人以下で、人種によって罹患率に大きな差があることが特徴である。南米、南欧、オーストラリア北部はその中間である。

若い人のほうが発症しやすい。罹患のピークは30歳頃であり、約80%が50歳までに発症する。男女比は女性のほうが多いといわれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』