J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > パーキンソン病・パーキンソン症候群


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_223.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_223.html on line 43

パーキンソン病・パーキンソン症候群

パーキンソン病・パーキンソン症候群は、身体の運動機能をコントロールする大脳基底核の黒質線条体の病変で、身体の動きが正常でなくなるものである。

【原因 Cause】
神経伝達組織のドーパミンの不足で、神経間の連絡障害を起こすためだが、その原因は不明である。厚生省の難病指定を受けており、日本では10万人に50人の発症と言われる。中高年に多い。原因がはっきしたものをパーキンソン症候群と呼ぶ。薬物中毒や脳腫瘍等が原因である。

【症状 Symptoms】
・疲労感
・腕、肩の筋肉痛
・手、唇、首のふるえ
・前かがみの歩行
・筋の硬直
・便秘
・立ちくらみ
・汗、むくみ

発症後10年程度で動けなくなり、衰弱、肺炎等の合併で生命に危険がある。

【治療 Treatment】
原因不明のため、完治の特効薬はないが、身体機能の改善のために、ドーパミン製剤、筋弛緩剤を使う。手術をすることもある。柔軟体操等も有効である。




疫学
30代~80代まで幅広く発症。中年以降の発症が多い。20歳代の発症は、まれである。

非対称性に発症する。

5段階の病期分類がある(Hoehn-Yahr分類)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』