J-Medical 医学事典

トップページ > 神経内科 > 痴呆


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_219.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_219.html on line 43

痴呆

痴呆は、もともと正常に発達した知能が、種々の障害により低下するものである。

【原因 Cause】
アルツハイマー型痴呆は、脳の神経細胞の病的な老化や萎縮によるが、原因は不明である。脳血管性痴呆は、脳血管の動脈硬化で脳血管障害を起こすことが原因となる。

【症状 Symptoms】
・記憶力低下
・認知障害
・興奮、不安
・妄想
・不眠
・暴力
・徘徊
・感情失禁
・歩行障害、言語障害

【治療 Treatment】
アルツハイマー型痴呆は、根治の治療法はない。進行を遅らせる脳代謝改善剤等を使う。脳血管性痴呆は、原因となる脳疾患の治療と、症状の進行を遅らせる血管拡張剤を使ったり、抗うつ剤を使う。



診断
客観的に評価する検査としてWAIS-R(ウェクスラー成人知能検査)などがあるが、施行に時間を要し日常診療で用いるには煩雑である。簡便なスクリーニング検査として、日本では聖マリアンナ医科大学の長谷川和夫らが開発した改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)がよく利用される。世界的にはミニメンタルステート検査(MMS、MMSE)が頻用されている.。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』