J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 肝硬変


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_206.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_206.html on line 43

肝硬変

肝硬変は、肝細胞が繊維化して硬くなっていくものである。

【原因 Cause】
主な原因は、B型、C型のウイルス性肝炎である。アルコール性肝硬変もあるが、日本では少ない。長期の慢性肝炎で、肝細胞が再生、壊死を繰り返して、全体が繊維化していく。肝臓が硬く凹凸になったものを結節肝と言う。静脈瘤等の合併をすることもある。

【症状 Symptoms】
・倦怠感
・食欲不振
・微熱
・腹部膨張
・手、胸、背に赤い斑点
・黄疸
・腹水
・意識障害

静脈瘤出血で吐血、下血をする場合もある。

【治療 Treatment】
肝機能維持のための薬剤療法、食事療法をする。禁酒をし、激しい運動を避ける等も重要である。肝硬変は、死亡率が高かったが、現在は、治療方法が進んでいる。ただし、元に戻す治療法はまだない。



予後
肝硬変患者の予後を予測するための指標として、Child-Pugh(チャイルド・ピュー)分類(肝性脳症の有無、腹水の有無、血清総ビリルビン値、血清アルブミン値、PT活性値などで分類)がしばしば使われる。肝硬変の予後は、肝不全、消化管出血、肝細胞癌の合併症により決定される。特にC型肝硬変では肝細胞癌の合併が多く、中でも予後は比較的不良である。肝移植が成功した患者では、その予後は著しく延長する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』