J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 門脈圧亢進症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_201.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_201.html on line 43

門脈圧亢進症

門脈圧亢進症は、血液を腸等から肝臓に送る門脈の狭窄、閉塞により、圧が上昇するものである。

【原因 Cause】
主な原因は肝硬変である。原因の疾患のない、特殊性門脈圧亢進症もある。食道静脈瘤が起こる場合もある。

【症状 Symptoms】
阻害された血液による静脈瘤が破裂すると、以下の症状となる。

・大量吐血、下血
・腹水
・脾臓のはれ
・意識障害

【治療 Treatment】
原因疾患の治療をする。食道静脈瘤出血の危険がある場合は、内視鏡的硬化療法を第一に実施し、外科療法、薬物療法を行う。



分類
門脈は消化管から肝臓へ流れる血管であり、肝臓の前、肝臓の中、肝臓の後ろの血管が詰まることで門脈圧は上昇する。肝臓の前を肝前性、肝臓の中を肝内性、肝臓の後ろを肝後性、の門脈圧亢進症と言う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』