J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > B型急性肝炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_197.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_197.html on line 43

B型急性肝炎

B型急性肝炎は、B型肝炎ウイルスが感染して起こる肝炎である。

【原因 Cause】
B型肝炎ウイルスは血液に混じるもので、傷口や輸血、注射、キス、性行為等を原因として感染する。輸血血液の検査の徹底で、輸血による感染は減少している。

【症状 Symptoms】
・発熱
・倦怠感
・黄疸

ふつうは、数ヶ月で治癒するが、劇症化する場合や慢性化する場合もある。

【治療 Treatment】
安静にすることが必須である。黄疸症状が出たら、栄養バランスを良くし、薬物療法を行う。事故で感染の危険があり、B型肝炎抗体が陰性の場合は、ワクチンや免疫製剤を使う。



日本での肝炎の原因のほとんどはA型、B型、C型である。 主な感染経路はA型・E型は汚染された食べ物や水で、B型は血液媒介・親子(垂直)・性行為(水平)、C型はウイルスの混入した血液を介したもの(輸血や集団予防接種の注射針の回し射ち、刺青など、)である。アメリカではB型肝炎の予防接種を受ける事が義務付けられている。垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10~20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』