J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > B型慢性肝炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_195.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_195.html on line 43

B型慢性肝炎

B型慢性肝炎は、B型肝炎ウイルスのキャリアの症状が現われたものである。

【原因 Cause】
主な原因は、2~3歳ぐらいまでに、母親等からウイルスに感染するためである。十代くらいから発症することが多い。3歳以上の感染は急性となり慢性にならない。

【症状 Symptoms】
・肝硬変への移行
・肝臓がんの発生

【治療 Treatment】
長期化、重症化で肝硬変への移行化膿性がある場合は、抗ウイルス剤、ステロイドホルモン剤を使用する。ほとんどの場合、数年で安定化する。



B型慢性肝炎においては原理的に根治療法は極めて難しく、また長く抗ウィルス療法も無かった。2000年末にエイズ(HIV)用に開発されたラミブジン(3TC、製品名ゼフィックス)が保険適用となり、最初のB型肝炎用抗ウィルス薬として発売された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』