J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > アルコール性肝硬変


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_193.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_193.html on line 43

アルコール性肝硬変

アルコール性肝硬変は、多量のアルコール摂取により肝臓機能の障害を起こすアルコール性肝障害のひとつで、障害の進行により、肝臓が元に戻らなくなる状態である。

【原因 Cause】
肝機能の障害の進行で、肝細胞が破壊され、繊維化が進んでしまうことが原因となる。

【症状 Symptoms】
・黄疸
・腹水
・体重減少
・肝臓腫大

【治療 Treatment】
禁酒は必須である。安静にして食事療法を実施しながら、肝硬変の治療をする。



日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』