J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > アルコール性肝炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_192.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_192.html on line 43

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は、アルコールの多量摂取で肝臓障害を起こすアルコール性肝障害のひとつで、肝臓に炎症が起きるものである。

【原因 Cause】
アルコールの長期間に及ぶ多量摂取が原因である。

【症状 Symptoms】
・倦怠感
・腹部膨張感
・上腹部の痛み
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・体重減少
・発熱
・肝臓腫大
・黄疸
・腹水

急性肝不全を起こすと、生命の危険がある。

【治療 Treatment】
禁酒で改善する。食事療法とあわせ、アルコール依存症の精神療法が必要となる。



肝炎(かんえん)とは、なんらかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称である。肝炎の原因は様々であり、ウイルス、アルコール、薬物、自己免疫性などがあげられる。
肝炎ウイルスによる肝炎発症の機序は、ウイルス自体が肝細胞を破壊するために起こるのではなく、肝細胞内で増殖しているウイルスに対する生体の免疫反応によって、ウイルスだけではなく肝細胞も一緒に障害を受けてしまうことによる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』