J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 後天性巨大結腸症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_181.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_181.html on line 43

後天性巨大結腸症

後天性巨大結腸症は、結腸の拡張により、ひどい便秘となって、腹部が膨れ上がるものである。

【原因 Cause】
原因は、代謝異常、平滑筋障害、中毒性大腸炎等の疾患の他、ストレスや下剤の乱用である。

【症状 Symptoms】
・吐き気
・嘔吐
・腹部膨満
・ひどい便秘

【治療 Treatment】
原因となる疾患があるときは、その治療をし、それ以外は便秘治療となる。人工肛門を形成する場合もある。



結腸(けっちょう、colon)とは、大腸のうち右腸骨窩から仙骨上端までの部分である。結腸はさらに上行結腸(盲腸から右結腸曲)、横行結腸(右結腸曲から左結腸曲)、下行結腸(左結腸曲から左腸骨窩)、S状結腸(左腸骨窩から直腸上端)に区別される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』