J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 伝染性下痢症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_170.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_170.html on line 43

伝染性下痢症

伝染性下痢症は、ウイルスを原因として起こる胃腸の炎症である。

【原因 Cause】
原因となるウイルスは、特定できない。冬から春に流行する届け出伝染病のひとつで、1週間程度の潜伏期間である。

【症状 Symptoms】
・食欲不振
・腹鳴
・吐き気
・嘔吐
・下痢(悪臭)

【治療 Treatment】
まず絶食をして、安静を保つ。脱水症状が出たら輸液をする。



下痢(げり)とは、健康時の糞と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の糞のことである。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状である。軟便(なんべん)ともいう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』