J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 乳糖不耐症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_151.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_151.html on line 43

乳糖不耐症

乳糖不耐症は、牛乳を飲むとゴロゴロお腹が鳴り、腹痛、下痢を起こすものである。

【原因 Cause】
牛乳成分内の乳糖を消化する、腸粘膜の酵素が欠乏、不足し、乳糖が未消化で腸内に残るために起こる。

【症状 Symptoms】
・腹鳴
・腹痛
・下痢

【治療 Treatment】
牛乳で乳糖を含まないものを飲むようにする。先天的に乳糖を消化する酵素が不足している場合があり、栄養失調等で生命の危険があるので、早い段階で医師の診断を要する。



概要
歴史的に大量に乳製品を摂取している民族を除き、大抵の人の体内にはラクターゼの分泌が少ないことが知られており、全体の6~7割程度はラクターゼが比較的少なく乳糖不耐症の予備軍的な存在とされ、そのうち1~2割程度は便が緩くなるなどの自覚症状が出る者とされる。自覚症状のない者も含めて乳糖不耐症としてカウントし、乳糖(主に牛乳の摂取)の有害性を主張する例も見られる。しかし、自覚症状がない場合は、常識的な量を摂取している限りは健康上の問題は生じない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』