J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 胃の炎症性ポリープ


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_146.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_146.html on line 43

胃の炎症性ポリープ

胃の炎症性ポリープは、胃の粘膜の欠損で、粘膜が過剰生産され、さまざまな形状の瘤状のものができることである。

【原因 Cause】
慢性胃炎等が、胃粘膜欠損の原因となる。がんになることは稀である。

【症状 Symptoms】
自覚症状はほとんどない。ポリープに出血があると吐血、下血をする場合がある。

【治療 Treatment】
小さい場合は、経過観察のみだが、ある程度以上の大きさになったら内視鏡的な切除手術をすることがある。



ポリープ(polyp)は病理学的に粘膜(上皮細胞)に覆われた管腔臓器に発生する隆起性病変の総称である。最も発生頻度の多いのは胃や結腸直腸など消化管の粘膜にできるポリープである。ポリープという用語は内視鏡検査などで観察される隆起性病変全般を形態的に表現するために用いられることが多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』