J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 吻合部潰瘍


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_144.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_144.html on line 43

吻合部潰瘍

吻合部潰瘍は、胃切除後症候群のひとつで、胃切除手術後、1~2年で吻合部に潰瘍ができるものである。

【原因 Cause】
胃切除手術後も、胃酸の分泌が減少しないために起こる。

【症状 Symptoms】
・腹痛
・食思不振
・嘔気
・嘔吐
・出血
・穿孔
・狭窄

【治療 Treatment】
薬物療法をまず行い、効果のないときは手術をする。



胃切除後の再建法
幽門側胃切除後のビルロート I法による再建
幽門側胃切除後のビルロート II法による再建
胃全摘後のRoux-en-Y法による再建
胃全摘後の空腸間置法による再建
胃全摘後のダブルトラクト法による再建古典的にはBillroth I法(ビルロートまたはビルロース いっぽう)およびII法(-にほう)が用いられてきた。これは幽門側胃切除を行った後の再建方式で、ビルロート I法では残胃と十二指腸を直接吻合する。残胃が十二指腸に届かない場合II法が用いられる。これは残胃と空腸を端側吻合するものである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』