J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 低酸症・無酸症


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_140.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_140.html on line 43

低酸症・無酸症

低酸症は、胃液中の酸が少ない状態。無酸症は全くない状態のことである。

【原因 Cause】
胃がんや慢性胃炎、貧血等を原因とすることが多く、胃粘膜が萎縮して、酸の分泌が低下する。

【症状 Symptoms】
酸が少ないため、消化作用に支障が起き、以下の症状となる。

・食欲不振
・胃もたれ
・下痢

【治療 Treatment】
塩酸リモナーデ等、消化を助ける薬物を投与する。また消化の良い食事をとり、刺激物の摂取をしない等、日常生活の改善が必要である。



胃酸(いさん、Gastric acid)は、胃液に含まれる強い酸性の消化液のこと。
化学的にはpH1~2の塩酸で、胃内を一定以上の酸性に保ち、食物の消化、および食物と一緒に体内に取り込まれた各種の菌の殺菌を行う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』