J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 食道アカラシア


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_126.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_126.html on line 43

食道アカラシア

食道アカラシアは、食道から胃の入り口(噴門)の筋肉がゆるまず、食べ物を胃に送れなくなる状態である。

【原因 Cause】
物理的、精神的要因により、筋肉がゆるまなくなる。食べ物が食道に留まり、膨れてしまう。

【症状 Symptoms】
・飲み込み困難
・嘔吐
・咳き込み

流動物のほうが固形物より飲み込みが困難となる。悪化は、ストレスが原因となる場合もある。

【治療 Treatment】
括約筋の弛緩のために、亜硝酸や抗コリン剤、精神安定剤、鎮静剤等を投与する薬物療法や、括約筋の切開をする外科的療法がある。また物理的療法として、拡張器等の使用による食べ物の食道通過の改善もある。



食道の壁は、内腔側から粘膜、筋層、外膜と分けることができる。粘膜は、口で咀嚼されたとはいえ、まだ形を保ったままの食物が通過することで傷つかないように、力学的に強い重層扁平上皮で構成されている。粘膜のすぐ下層にある多数の食道腺が粘膜の表面に粘液を分泌することで、食物の通りをよくするはたらきがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』