J-Medical 医学事典

トップページ > 循環器内科 > 心筋炎


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_107.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_107.html on line 43

心筋炎

心筋炎は、心筋の炎症で心臓機能が低下する疾患である。

【原因 Cause】
主にウイルス感染が原因となり、心臓組織である心筋に炎症が起きる。

【治療 Treatment】
・発熱
・喉痛
・頭痛
・動悸
・胸痛
・呼吸困難
・不整脈
・ショック状態

【治療 Treatment】
症状によって、心臓ペースメーカーを移植する。ショック状態に陥った場合は、その治療をする。



心筋とは、心臓を構成する筋肉のことをいう。
心筋は、骨格筋と同じ横紋筋であるが、骨格筋は随意筋で多核の細胞でできているのに対して、心筋は単核の細胞でできており、不随意筋である。また、ミトコンドリアが非常に多く存在しており、心筋が要求するエネルギーの大部分をまかなっている。 心房には血圧と血流の制御に関連するペプチドホルモンを合成、分泌する心筋細胞が存在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』