J-Medical 医学事典

トップページ > 呼吸器内科 > 心不全


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_100.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/05/post_100.html on line 43

心不全

心不全は、全身に血液を循環させるポンプの役割を果たす心臓の左右にある心室が、収縮力の低下によって、身体が必要とする血液を循環させられなくなる疾患である。

【原因 Cause】
主な原因は心臓自体の機能の低下で、右心室の機能が低下すると、静脈系のうっ血で右心不全となり、左心室が低下すると、全身に血液が流れず、肺静脈がうっ血する左心不全となる。他に、腎臓や甲状腺、大動脈の疾患が原因となることもある。

【症状 Symptoms】
・動悸
・息切れ
・咳
・呼吸困難
・心臓喘息
・静脈の腫れ
・全身のむくみ

【治療 Treatment】
慢性の場合は、基礎疾患の治療を行い、水、塩分の制限、ジダギリスや利尿剤等薬剤の投与をする。急性の場合は、即刻酸素吸入を実施し、薬物投与等でうっ血除去の処置をとる。



経過による分類
急性心不全(きゅうせいしんふぜん、acute heart failure)と慢性心不全(まんせいしんふぜん、chronic heart failure)は、それぞれ心不全の発症具合が急激であるか、または徐々に発生し持続的であるかによって心不全を分類する語である。前者に当てはまるのは例えば心筋梗塞に伴う心不全であり、後者に当てはまるのは例えば心筋症や弁膜症に伴う心不全である。(念のため付け加えると、急性心不全が終末期状態としての心不全を指しているわけではない…急性心不全は治療により完全に回復する可能性がある)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』