J-Medical 医学事典

トップページ > 耳鼻咽喉科 > 花粉症 (かふんしょう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_8.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_8.html on line 43

花粉症 (かふんしょう)

花粉症(かふんしょう)は、アレルギー体質の人がアレルゲンとなる風媒花の花粉を吸引することによって起こる症状である。日本国民の実に1~2割(地方によって異なる)が花粉症を発症しているという。

【原因 Cause】
スギ、ブタクサ、カモガヤなどの花粉が飛散し、それを吸い込むことによって起こる。

【症状 Symptoms】
・アレルギー性鼻炎 ⇒ くしゃみ、鼻水、鼻づまり、嗅覚異常など
・アレルギー性結膜炎 ⇒ 目のかゆみ、充血
上記は頭痛や咳の発作を伴う場合もある。

【治療 Treatment】
花粉症の対処法としては、マスクや眼鏡の着用により、アレルゲンとなる花粉との接触を断つことである。抗アレルギー剤は鼻の過敏性を低下させることで症状を緩和するが、効果が出るまでに服用から2週間程度要するので、症状が現れる前に服用を開始すること。



花粉症(かふんしょう、hay fever / pollen allergy / pollen disease, 医 pollinosis または pollenosis )とはI型アレルギー(いちがた-)に分類される疾患の一つであり、植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされる発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。枯草熱(こそうねつ)ともいわれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』