J-Medical 医学事典

トップページ > 整形外科 > 坐骨神経痛 (ざこつしんけいつう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_7.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_7.html on line 43

坐骨神経痛 (ざこつしんけいつう)

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは、坐骨神経(腰椎の中の腰髄から出て、下肢を伝って足の裏まで伸びている末梢神経)が何らかの原因で刺激され、痛むものである。

【原因 Cause】
坐骨神経痛の主な原因として考えられるのは、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊椎カリエス、馬尾神経腫瘍など、脊椎関連の疾患である。

【症状 Symptoms】
坐骨神経痛の症状は、咳やくしゃみをするだけで起こる鋭い痛みである。痛む部位は、太ももの後ろからふくらはぎ、かかとまでである。

【治療 Treatment】
痛みを抑えるだけならば消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使用する。坐骨神経痛の原因となっている病気を特定し、それを治療することで坐骨神経痛も消える。



坐骨神経の走行は、腰仙骨神経叢を出た後、梨状筋の前面を通り、下殿神経と共に大坐骨孔(梨状筋下孔)を通って骨盤外へ出て、大腿後面(大殿筋と大腿二頭筋の前面)を下行し、大腿屈筋群(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)と大内転筋へ筋枝を分枝し、膝の裏(膝窩)の上方で2終枝(総腓骨神経と脛骨神経)に分かれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』