J-Medical 医学事典

トップページ > 神経科 > 重症筋無力症 (じゅうしょうきんむりょくしょう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_27.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_27.html on line 43

重症筋無力症 (じゅうしょうきんむりょくしょう)

重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)とは、筋力が弱くなる病気であり、ある筋肉を連続して使うことが困難になる。日本では1万人に1人の割合で発症が確認されており、女性が発症する率は男性の1.5~2倍になる。

【原因 Cause】
重症筋無力症の原因は、神経から筋への刺激を送る伝達物質が、免疫系の異常によって神経と筋肉の接合部で阻害されることにある。重症筋無力症は遺伝しない。

【症状 Symptoms】
症状の現れ方はどの筋肉がおかされるかにより異なるが、下記が主な症状である。

・目を開けていられないほど、まぶたが下がってくる
・ものが二重に見える
・あごがだるく、物がかみにくい(飲み込みにくい)
・全身に脱力感があり、特に手足の疲れがひどく、力が入らない
・呼吸が困難である

【治療 Treatment】
重症筋無力症は治りにくい病気ではあるが、その治療には免疫異常に対する薬物療法などを用いる。



重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう、Myasthenia Gravis; MG)とは、狭義には神経伝達物質であるアセチルコリンの筋肉側における受け皿であるニコチン性アセチルコリン受容体に抗アセチルコリン受容体抗体が結合してアセチルコリンによる神経・筋伝達を阻害するために筋肉の易疲労性や脱力が起こる自己免疫疾患である。日本では厚生労働省により特定疾患に指定されている難病である。

なお、広義にはMusk抗体由来症例や原因不明の類似症例等も重症筋無力症に含める場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』