J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > サルモネラ食中毒 (サルモネラしょくちゅうどく)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_26.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_26.html on line 43

サルモネラ食中毒 (サルモネラしょくちゅうどく)

サルモネラ食中毒(サルモネラしょくちゅうどく)とは、細菌性感染型の食中毒であり、夏に多く発生する。これは、腸チフスの原因ともなるサルモネラ菌が腸の中で増殖し、発生した毒素が小腸の粘膜に炎症を起こすものである。

【原因 Cause】
サルモネラ食中毒は、牛や豚、犬や猫などの人間と密接な関係のある動物についているサルモネラ菌により起こる。サルモネラ菌のついた肉を食べたり、サルモネラ菌を保有する人間が調理した食べ物を食べることで感染し、食中毒を起こす。

【症状 Symptoms】
・6~48時間の潜伏期間
・発熱
・腹痛
・嘔吐
・下痢

重症になると、ショック状態に陥ることもある。

【治療 Treatment】
サルモネラ食中毒の治療には、輸液や抗生物質の薬剤を用いる。



サルモネラ食中毒は、本菌が腸管上皮細胞に感染した結果生じる、腸管内への液体貯留と好中球浸潤による炎症によって起きると考えられている。典型的な感染型食中毒であり、その主な症状は、嘔吐、水様性下痢などの消化器症状、発熱(高熱)などで、抵抗力のない者は菌血症を起こし重症化することがある。まれに内毒素によるエンドトキシンショックで死亡することがある。潜伏期間は平均12時間ほどといわれているが、S. Enteritidisの場合3~4日となることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』