J-Medical 医学事典

トップページ > 神経科 > 自律神経失調症 (じりつしんけいしっちょうしょう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_21.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_21.html on line 43

自律神経失調症 (じりつしんけいしっちょうしょう)

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)とは、ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れ、体調不良を起こすものである。男女ともに起こり、発症年齢も子供から老人まで幅広い。

【原因 Cause】
人体が活動するために必要な心臓をはじめとする内臓器官は、個人の意思ではなく、自律神経によってコントロールされている。この自律神経に異常が起きることで、自律神経によってコントロールされている様々な部分にも症状が現れる。
自律神経失調症の原因の多くは、ストレスなどの心因性のものであると言われる。実際、心因性と診断された例が多い。自律神経の中枢は間脳の視床下部および脊髄にあり、大脳皮質の作用を受けるため、心理的・社会的ストレスといった原因が直接体調に神経に影響を与えるものと考えられる。
原因が心因性ではなく自律神経そのものにある場合は、体質と正確が影響していると考えられている。

【症状 Symptoms】
・体が冷えやすい
・疲労感
・失神

・息切れ
・咳
・あくび

・便秘や下痢
・食欲不振
・嘔吐

・めまい
・頭痛
・動悸
・胸痛

・筋肉痛
・腰痛
・肩こり
・発汗

※通常、上記の症状が複数現れる。ただし、内臓のみに症状が現れることもある。

【治療 Treatment】
自律神経失調症はストレスに起因することが多いため、まずは規則正しい毎日を心がけ、リラックスして心身を落ち着かせることが重要である。また、抗うつ剤。抗不安定剤、自律神経調整剤などの薬物療法も行われる。



自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』