J-Medical 医学事典

トップページ > 耳鼻咽喉科 > 先天性難聴 (せんてんせいなんちょう)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_19.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_19.html on line 43

先天性難聴 (せんてんせいなんちょう)

先天性難聴(せんてんせいなんちょう)とは、生まれながらにして耳が不自由である病気である。

【原因 Cause】
先天性難聴の原因は、まず第一に遺伝的要因が考えられる。他には、妊娠中の母体感染や薬物中毒などにより、胎児の内耳の発育が妨げられた場合に起こる。

【症状 Symptoms】
先天性難聴の子どもは、自身ではもちろんその異常に気づかない。よって、親や医師がその子の音に対する反応などに気を配り、異常に気づいてやる必要がある。聴力の異常は言語の習得、そして知能の発達に大きな影響を与えるため、早期発見が望ましい。

【治療 Treatment】
先天性難聴を完全に治療する方法はない。しかし、わずかでも聞こえるようであれば、生後7~8ヵ月くらいから乳幼児用の補聴器を使用し、聴能訓練を行う。音がまったく聞こえない場合でも、言語の概念を視覚や触覚によって習得できれば、言葉を発することは可能である。



難聴(なんちょう)とは、耳(音)が聞こえにくくなる障害。原因は、主に老化現象によることが多いが、産まれつきのものや、成人前でも起こる。また、精神的ストレスなどによって突然聞こえにくくなる場合もある。騒音の激しい工場労働者や交通機関周辺など騒音が酷い地域の住民でも起こる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』