J-Medical 医学事典

トップページ > 内科 > 鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_14.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_14.html on line 43

鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ)

鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)とは、貧血の一種で、日本の成人女性の約一割がこの病気であると言われている。病気や生理、出産、栄養不足、胃腸での鉄分吸収に問題がある場合に起こりやすい。

【原因 Cause】
鉄欠乏性貧血は、その名の通り、鉄分が不足してヘモグロビンの形成が困難になることが原因で起こる。貧血の原因としては最も多い。ヘモグロビンの役目は身体に酸素を供給することであり、その形成がうまくいかずにヘモグロビンの量が低下すると、組織や臓器の機能低下につながる。

【症状 Symptoms】
・全身倦怠感
・動悸、息切れ
・食欲不振

症状が強くなると、つめが反り返る、物を飲み込めなくなるなどが起こる。

【治療 Treatment】
貧血の原因が病気にあれば、その病気を治療する。貧血そのものの治療は、長期間の鉄剤服用(または注射)である。



原因疾患がある場合にはそちらの治療も行う。
貧血の程度が重篤で、生命に危険を及ぼす状態でなければ、鉄剤投与(経口、静脈注射)を行う。経口の場合は一緒にビタミンCを摂取すると、鉄の吸収率が僅かに上昇する。反対に、お茶で飲むと吸収率は落ちる。
重篤な貧血で生命に危険を及ぼす可能性がある場合は輸血が必要となる。また、何らかの原因により経口鉄剤の吸収が悪いと予想される場合(消化管切除後など)は静注が必要であるが、過量の鉄剤投与は鉄沈着を招くことがあるので、投与総量には注意を要する(投与総量の計算には中尾の式を用いることが多い 必要鉄量=(2.2×(16-Hb)+10)×BW)。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』