J-Medical 医学事典

トップページ > 消化器科 > 慢性腸炎 (まんせいちょうえん)


Warning: file(http://cancer-df.net/sys/pc/link/1) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_10.html on line 41

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s29016-1/public_html/sick/archives/2005/04/post_10.html on line 43

慢性腸炎 (まんせいちょうえん)

慢性腸炎(まんせいちょうえん)とは、少なくとも数週間は下痢が続くものである。

【原因 Cause】
原因ははっきり限定できないが、腸内の細菌数の増減や精神状態が影響していると考えられている。慢性腸炎は、腸のポリープや消化器系統の癌で起こる場合もあるので、油断は禁物である。

【症状 Symptoms】
・下痢 (急性腸炎ほど激しくはない)
・便秘

※下痢と便秘を繰り返すことがあり、これは慢性腸炎の特徴の一つである。

【治療 Treatment】
慢性腸炎の基本的な治療法は、食生活の改善である。油分を抑え、高タンパク質の食事を摂るよう心がけ、胃腸に負担を与えないようにする。また、アルコールや冷たいものなどの刺激物も避ける。必要に応じて医師の指示を受けて薬物療法も行う。



腸(ちょう、intestines)は食物が胃で溶かされた後、その中の栄養や水分を吸収する器官。末端は肛門であり、消化された食物は便となり、排便により体外へと排出される。腸の構造は動物によって異なり、摂取する食物による違いが大きい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』