HOME > 医学・健康ニュース > 2007年11月の医学・健康ニュース

2007年11月の医学・健康ニュース

老化の記憶障害も関与 アルツハイマー原因たんぱく 2007年11月26日 

 老化にともなって記憶障害が起きる仕組みに、アルツハイマー病にも関与する異常化したたんぱく質がかかわっていることを、理化学研究所・脳科学総合研究センターのチームが動物実験で突き止め、欧州分子生物学会誌に発表した。
脳の嗅内野(きゅうないや)という場所にこのたんぱく質が蓄積し、神経細胞どうしの連結部(シナプス)の減少を引き起こしているという。アルツハイマー病の早期発見法の開発につながる可能性がある。

 同センターの高島明彦チームリーダーらは、人間の「タウ」というたんぱく質を持ったマウスを、遺伝子操作でつくって観察。老化にともなって、普通のマウスより学習や記憶能力が衰えることを確かめた。

 このマウスの脳を調べると、記憶をつかさどる海馬に情報を送る「嗅内野」の活動が低下していた。タウにリン酸が異常にくっついて蓄積。これにより、神経細胞どうしを連結するシナプスの数が減っていた。こうした異常が、記憶障害の原因と考えられるという。

 アルツハイマー病では、リン酸化したタウがさらにたまり、嗅内野から海馬や大脳新皮質で神経細胞が失われることで、記憶障害や認知症を引き起こす。

 高島さんは「老化にともなって最初に嗅内野の機能が衰え、やがて海馬に広がり、アルツハイマー病につながっていくと推定される。早期発見や病気の予防法の開発などに結びつけていきたい」と話している。

ヒトの皮膚から万能細胞 京大などが成功 2007年11月21日 

 ヒトの皮膚細胞から、心筋細胞や神経細胞などさまざまな細胞に分化する能力を持つ万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに、日米二 つの研究チームが、それぞれ成功した。患者自身の遺伝子を持つ細胞を作り、治療に利用することに道を開く技術。クローン胚(はい)から作る同様の能力を持 つ胚性幹細胞(ES細胞)と違い、作成に未受精卵を使うなどの倫理的問題を回避できる。拒絶反応のない細胞移植治療などの再生医療や新薬開発など、幅広い 応用に向けた研究が加速しそうだ。

 京都大などのチームが20日付の米科学誌「セル」電子版に発表。米ウィスコンシン大などのチームが22日付米科学誌「サイエンス」電子版に発表する。

 京大の山中伸弥教授と高橋和利助教らは、マウスでの4遺伝子と同様の働きをするヒトの4遺伝子を成人の皮膚細胞に導入し、ヒトのiPS細胞を開発することに成功。この細胞が容器 内で拍動する心筋や神経などの各種細胞に分化することを確認した。iPS細胞をマウスに注入すると、さまざまな細胞や組織を含むこぶができ、多能性を持つ ことが示された。

 一方、初期化に使う4遺伝子にはがん遺伝子も含まれ、発がんなどの危険性がある。今後は安全性の確保が研究の焦点となりそうだ。

インフルエンザ 早くも流行の兆し 2007年11月17日

 全国的にインフルエンザの患者数が増加していることが国立感染症研究所のまとめで分かった。10月下旬に全国の定点医療機関から報告された患者数は、同 時期としては過去10年で最多。
  早くも12月並みの水準になっており、同研究所などは「今年は流行のスタートが早い」と注意を呼びかけている。

 同研究所の感染症発生動向調査によると、10月22〜28日の1週間で報告のあったインフルエンザ患者数は、過去10年で最多となる1医療機関当たり0・2人。同29日〜今月4日の1週間も0・26人と上昇している。

免疫細胞使い ぜんそく治療 理研が発表 2007年11月07日

 白血球の一種で免疫を調整する働きのある樹状細胞を、骨髄の細胞から特殊な培養で作り出し、それを注射してマウスのぜんそくを治療することに成功したと、理化学研究所のグループが発表した。

 普通の樹状細胞は免疫反応を活性化する働きがあるが、作った細胞は免疫を抑える働きをもつため「制御性樹状細胞」と名付けられた。ぜんそく症状を示すマウスにこの細胞を3回注射すると、気道の炎症がほぼ抑えられ、効果が150日間持続した。

 この細胞が、骨髄移植後の重い拒絶反応を抑えることも確認した。アトピーの治療に使える可能性も考えられるという。

 「人にそのままあてはまるわけではないが、新たな治療法の開発につながるかも知れない」と佐藤克明チームリーダーはいっている。

ヒトの子宮筋幹細胞を確認 慶大グループ 2007年11月06日

子宮の細胞は妊娠すると増えたり大きくなったりするが、そのおおもとになる子宮筋幹細胞を、ヒトの子宮筋組織から見つけることに慶応大グループが成功、今週の米国科学アカデミー紀要電子版に発表する。幹細胞は子宮筋腫の発生にかかわっている可能性があり、子宮筋腫の仕組み解明や治療に道が開けそうだ。

 グループは同意を得て採取したヒトの子宮筋組織の細胞から、活動していない細胞群を選び出し、個別の細胞に分化していない幹細胞の集まりであることを確認、培養にも成功した。

 この細胞群から得た細胞を免疫不全マウスの子宮に移植したら、ヒト由来の子宮筋ができた。妊娠後は分娩(ぶんべん)に必要なヒト由来のたんぱく質も発現 した。多分化能を確認したほか、子宮筋腫でみられる子宮筋細胞が骨や脂肪の細胞に変わる様子も確認できた。幹細胞が子宮筋腫の発生に関係する可能性もうか がえた。

 同グループの丸山哲夫講師(生殖内分泌学)は「将来、子宮頸(けい)がんの手術で切除した部分の再生など治療法の開発につなげたい」と話す。

過去のニュース一覧

医学・健康ニュース バックナンバー一覧
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved